正月に家族で考えてみませんか?
エンディングについて

~前向きに生きるために~

メッセージ

人生の終末を表す言葉として日本でも使われるようになった「エンディング」。決して明るい響きのある言葉ではありません。このテーマに関する話題はできるだけ避けて通りたい…これが多くの人の偽らざる気持ちではないでしょうか。

一方で、この話題を避け続けてきた結果、親御さんが亡くなった時に、どのような葬儀・お墓を希望していたのか分からない、判断能力を無くされた親御さんに、どこまでの延命治療を施せばよいのか分からない、逆に、ご自身が亡くなった時に、死後の状況がご自身の望まない形になってしまった(実際に見ることはできませんが)…等の状況に陥るご家族がいらっしゃるとの話を最近よく耳にするようになりました。こうした事態を防ぐためには、ご家族が世代をまたいで顔を合わせる機会に、億劫でも、エンディングについて考え、対話することが大切です。

さらに申し上げると、エンディングは決してネガティブなテーマではありません。「メメントモリ」という言葉がありますが、エンディングについて考えることは、前向きに生きることに繋がる、と私たちは考えています。

ある調査会社が昨年末に実施したアンケート結果によると、年末年始の過ごし方として、7割以上の人が「『家族や親戚』と過ごす」と答えています。正月は「家族でエンディングについて考える」のに適した時のひとつと言えるのではないでしょうか。

この度、「家族でエンディングについて考える」ご家庭が増えることを願い、ささやかながら普及・推進を目的とした活動を始めることといたしました。同じ考え方を持つ方々のご協力を仰ぎながら、悔いの残る形でエンディングを迎えてしまうご家族を少しでも減らせるよう、できることに取り組んでまいりたいと思います。どうぞ温かい目でお見守りいただきますよう、お願い申し上げます。

2018年12月

「家族でエンディングについて考える」推進委員会


テーマ例

終末の迎え方について

近年、医療の進歩にともない、認知症等により判断能力を失った高齢者が重篤な病気に陥っても、技術的には延命させることのできる場合が増えてきています。一方で、そうした事態を望まないことを事前に示しておけば(あるいは家族の同意があれば)、延命治療を止めても刑事責任に問われることはない、との見解が定まっているようです。万が一の場合に、どうしてほしいのか。ご自身の終末の迎え方への考え方と、見送る立場であるご家族の考え方が違う場合もあるでしょう。むしろ元気なうちに、まずは「対話」からはじめてみてはいかがでしょうか。

ご葬儀について

ご葬儀は、人が亡くなった時に最初に行われる儀式。その時になってみないと分からない、とお考えの方が多いようですが、中には「自分らしい葬儀にしたい」「自分に縁のある方に楽しく集まっていただきたい」「近親者だけでできるだけ簡単に済ませてほしい」等のお考えをお持ちの方もいらっしゃると思います。この機会に、ご自身のお考えを少し掘り下げていただき、ご家族にお伝えしてみてはいかがでしょうか。

お墓について

お墓をどうしていくのかも、家族全体に関わる大事なテーマです。先祖代々のお墓を引き継いでいくのか、新しくお墓をつくるのか、一代限りで子供たちに負担のかからない形を模索するのか。性別や世代によっても考え方が違うといわれており、自分の思っていたことと(家族の考えが)あまりにも違うので驚いた、ということもあるようです。まずはご自身のお考えを語り、他のご家族のお考えを聞くところから始めてみてはいかがでしょうか。

死後事務について

亡くなった後には、各種支払いや遺産の分割など、さまざまな事務手続きが必要になります。これらを「死後事務」といいます。ご自身が亡くなった後、通常は残された家族が手続きや遺品の整理、相続をします。確実に実行するために、信頼できる士業の方と委任契約を結ぶ方法もあります。どのような心づもりでいるか、あるいは準備をしていくのか、少しずつ対話をはじめてみてはいかがでしょうか。

連動企画

エンディング無料相談会

  • 日時:2019年1月14日(月・祝)
       11:00~16:30
  • 場所:道往寺(東京都港区)
  • おひとり様30分、個別相談、ご予約優先
エンディングに関する各分野のプロが、皆さまのお悩みに「無料」でおこたえします。
※ご相談をご希望の方は、お早めにお申込みください

先生紹介

トラブル解決の専門家

西川貴美子 
弁護士
 
遺言、相続、離婚、トラブル相手との交渉、裁判など。
「もっと早くに相談すれば良かった。」となる前にご相談ください。

法律問題の専門家

岩岡竜磨
弁護士

遺言、遺産分割、事業承継から交通事故、労働問題まで。
日常生活に係る法律問題についてすべてサポート致します。紛争になる前に是非ご相談ください。

税金に関する専門家

内山千枝
税理士

相続、贈与、事業に関する税金、確定申告など。
税金に関するお困りごとをご相談ください。

登記・成年後見に関する専門家

曾根圭竹
司法書士

家や土地などの不動産に関する登記や成年後見や任意後見等の財産管理を得意としています。
まずはお気軽にご相談ください。

お墓の専門家

伊藤照男
株式会社アンカレッジ 代表取締役

業界の最前線で、最新のお墓事情に精通。
大切なお墓選びで後悔することがないよう、できる限りご助言いたします。

道往寺へのアクセス

〒108-0074 東京都港区高輪2-16-13

■電車でお越しの場合

  • 京急本線・都営浅草線「泉岳寺駅」A3出口 徒歩1分
  • 東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪駅」徒歩8分

■バスでお越しの場合

  • 都営バス[反90][反96][品97]系統「高輪一丁目」バス停下車 徒歩3分
  • 都営バス[反96][品97]系統「泉岳寺前」バス停下車 徒歩3分

協賛企画

お墓見学ウィーク

  • 実施期間:2019年1月4日(金)~2019年1月14日(月・祝)
ご家族でエンディングについて考えていただいた上で、期間中に「アンカレッジの樹木葬※」における対象庭苑※※をご見学いただいた方に、もれなく”宮古島の海の恵み”「雪塩」をプレゼントいたします。

■注意事項
  • プレゼントは、上記期間中に「アンカレッジの樹木葬※」における対象庭苑※※を見学し、現地スタッフに「家族でエンディングについて考えた上で見学に来た」旨をお伝えいただいた上で、現地でのアンケートにご協力いただいた方に、その場でもれなく差し上げます。
  • プレゼントは、1グループにつき1つとさせていただきます。また、プレゼントのお渡しは、グループ毎に1回限りとさせていただきます。
  • 企画の内容および期間は、予告なく変更させていただくことがあります。

※「アンカレッジの樹木葬」とは
「お墓は交通の便が良いところがいい」
「承継者がいなくても安心して任せられる」
「子どもに負担をかけたくない」
そんな利用者の想いに応える、明るくて寂しくない、永代供養タイプのお墓です。

※※対象庭苑
高輪庭苑(東京都港区)、芝庭苑(東京都港区)、久が原庭苑(東京都大田区)、蒲田庭苑(東京都大田区)、谷中樹陵久遠(東京都台東区)、牛込庭苑(東京都新宿区)、えにし庭苑(東京都伊豆大島)、松戸庭苑(千葉県松戸市)、上京庭苑(京都府京都市)の9か所。詳細は以下リンク先をご確認ください。

お墓見学ウィーク詳細(アンカレッジの樹木葬サイトへ)

団体について

主催

「家族でエンディングについて考える」推進委員会


委員:安詳寺、金光寺、證誠院、瑞光寺、長明寺、道往寺(発起人)、宝珠院、本昌寺、妙成寺(以上五十音順)
協賛 株式会社アンカレッジ、株式会社AVENIL(お寺の窓口)
協賛 株式会社アンカレッジ、株式会社AVENIL(お寺の窓口)

お申込み・お問い合わせ

本活動への各種お問い合わせ、および「エンディング無料相談会」へのお申込み希望は、こちらからご連絡ください。事務局より折り返しご連絡いたします。
なお、「お墓見学ウィーク」における対象庭苑の詳細などは、外部サイト(=アンカレッジの樹木葬サイト https://anchorage.co.jp/ )でご確認の上、ご自由にご参加ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

電話でのお問い合わせ

0120-37-7676

受付 9:00~17:00(土日祝日含む)

公式ツイッター